この記事はCha-KEN Advent Calendar 2020に参加しています。


宇宙の街に、未来の光。

2074年の世界はまさに光の世界。だY。
アルファー光線、パスカル光線、ガリバー光線、パトラル光線、特殊光線アトスミヒ…
100年後の日本では各種さまざまな光線が研究・開発され、医療から軍事果ては宇宙防衛まで幅広い分野で大活躍している。とりわけ光線銃は警察や軍事組織、生足の護衛など多くの機関に採用され、すでに一般的な兵器として完全に浸透しているようだ。
しかしそんな近未来の兵器の世界でも、オサム君パパみたいに古の姿を変えず己を貫いた頑固者たちの存在があったことを忘れてはならない。

鉛の弾丸をぶっぱなす、実銃である。

というわけで本記事では超近未来かわいさ生活覇権キャロかわアニメ・チャージマン研!に登場する武器、特に銃火器についてまとめてみようと思います。改めて調べたら結構数出てきたんで一つにまとめてずらっと並べると楽しいかな…みたいな…そんな動機…です。(最終考証とか書いてますけどそんな立派なこと書けてないです)(ちょっと長いかもです)(初めて兵器廠らしいこと書いた気がする)
作品が未来SFモノということもあり、ヒーローの特殊装備とか秘密兵器の解説とかは既に結構ありそうなんで、敢えて比較的陰に隠れがちな実弾を用いた(ような描写がなされている…)銃火器に焦点を当ててみました。完全に個人の勝手な趣味100%の記事です。ごめんねー すみません

それでは行ってみよー!

写真 2020-12-19 0 28 46
作画が楽だから光線銃にしたんでしょ…的なことは口が裂けても言ってはならない。ジュラルモンスとの約束だぞ!


1.コルト・シングル・アクション・アーミー(SAA)
第7話『西部の男・研!』
写真 2020-12-18 22 19 36
火を噴くSAA!この回転部(レンコンみたいな回るやつ)から漏れる発射炎の再現も、実は当時としてはかなりリアルな描写。
写真 2020-12-18 22 22 46

写真 2020-12-18 22 20 02
西部劇全盛期って感じがしますねぇ。ちゃんとハンマーを仰ぐように起こしつつ射撃しています(ファニングショット)。
画は動いてないけど。心の目で見よう。

o0800037912491235366
随分と似ているでしょう?

記念すべき初登場の実銃は西部劇でおなじみのリボルバー(回転式)拳銃。
一発一発撃つたびにハンマー(画像3枚目でキャロンが左手を掛けているパーツ)を手で起こす必要のある極めて旧式な機構をもつ銃。6発だ!6発以上生き延びた者はいない!
70年代、やっぱり西部劇の流行った時代なんですね…実質ガンとゴ なんで100年後の未来なのに突然西部劇が始まるんだとか、なんでインディアンを撃ちだすのかとか、ウエスタンでおませさんなキャロンくっそかわいいとか思うところは多いですが銃の描写がなかなか精巧です。動きこそ少ないですが画像の発射炎や撃ち方などなどもリアル。好きなスタッフがいたのかなあ。
西部劇の華、拳銃での早撃ち尺稼ぎ対決も見せてくれます。
写真 2020-12-18 22 22 23
「今度来たときは本物の銃で…」とか言ってたけど、研がテーマパークのリピーターになる前提なあたり非常にジュラリズムが高い作戦ですよね。次いつ来るか分かんないのに
帰ってニュー速しようとする研坊を今すぐ背中から撃つなどという卑劣な感情はとうの昔に忘れたはずだ(怒)
写真 2020-12-18 22 23 14
これはイケメン研。左手は添えるだけ

写真 2020-12-18 22 20 18
老インデアンの死


2.M36 チーフスペシャル
第19話『銀行ギャング キャロンが危い』
写真 2020-12-18 22 24 54
前述の回転部からの炎の漏れもバッチリ描いてます。やっぱ好きなんすねぇ
写真 2020-12-18 22 25 44
ああ!透明グリップだ!(塗りミス)
写真 2020-12-18 22 27 01
キャロンかわいい
写真 2020-12-18 22 27 49
unnamed


一言で言えば「お巡りさんの拳銃」。そのコンパクトさや取り回しのしやすさ、リボルバー式ゆえの動作の安定性を買われ警察や法執行機関などで広く採用されていた。(今はどうなんだろう…ちょっとわかんないです)
良いですよねェちっこい拳銃。70年代は刑事ドラマなんかも流行ってたみたいなのでこの銃の資料もそれなりに多く手に入ったものと思われます。モデルガンとか。
たぶんギャングたちは警察から奪ったりヤクザから買ったりして手に入れたんでしょうね。と思って警察側の銃見てみたらなんか光線銃チックなの持ってたんすよ。

写真 2020-12-18 22 25 32
100年後の日本はパトカーもクラシックだ たまんねえなおい
写真 2020-12-18 22 27 10
あれ…実銃vs光線銃みたいな戦いしてたっけ…とか思ったら
写真 2020-12-18 22 26 02
普通に実弾でしたね フェアな戦いだ
写真 2020-12-18 22 26 46
あとは銃弾を素で避ける研坊! でもよく考えたらジュラルの光線攻撃も普通に避けまくってるしあの動体視力なら銃弾くらい生身で楽勝な気もしなくもない!かっこよければよい!

ところで チャー研関係ないですがM36といえばアキラがね すげえいいんすよ(語彙)
写真 2020-12-10 21 14 38
ディテールにディテールを重ねて作られているのが、わかるだろう?
写真 2020-11-01 12 12 09
んあ?(すっとぼけ)

これもスタッフか誰かがモデルガンなりなんなりの立体の資料持ってたんでしょうねぇ。
アキラは銃はもちろん、モナリザ奪取装置のメカニズムとか車とかも注意して見ると結構こだわって作られてて面白いんですよね。推理要素の少なさとか見るに「探偵」というタイトルは建前で 実際はしっかりしたアクションものが作りたかったんじゃないかなあとか思います
写真 2020-11-01 12 17 39
写真 2020-11-01 12 17 03
Z団名物・オリジナルカスタムトンプソン。
こういうある程度昔の作品のカスタム銃ってだいたい突拍子もない形になりがちなんですけど、これは持ち運びや取り回しの能力を上げるための折り畳み式のワイヤーストック付き仕様で、普通に現実に存在してもおかしくないしっかりとした理屈に基づいたリアルなカスタムです。すごいぜナック
写真 2020-11-15 15 32 37

ほぼ同時期(70年代最初期)のルパン三世(1st)に登場したトンプソン。
銃や車のリアリティが売りである同作と比較しても、アキラのトンプソンの描写は全く引けを取らない。
31DVDNagG4L._AC_
これがトンプソン。まっすぐに伸びた銃身とマガジンがミリキ的。ラーラのお父さんはトムソン。

M36全然関係なくなっちゃったな!次!

写真 2020-12-18 22 28 09
写真 2020-11-01 12 15 25
捕まってしょんぼり



3.FN ブローニング・ハイパワー
第23話『恐怖!精神病院』
第37話『ハイジャックをやっつけろ!』
写真 2020-12-18 22 29 02
ジュラルも倒してミサイル発射も阻止、さてあとは院長のみ…というところで衝撃の拳銃自殺!何もガッツポーズするこたあないでしょう!
作画の塗りミスで院長の体まで透明に。これがほんとの肩透かしなんて は、離せ!何をする!ウッ
写真 2020-12-18 22 32 07
写真 2020-12-18 22 31 45写真 2020-12-18 22 31 25
写真 2020-12-18 22 32 16
牧師さんのこと「坊主!」って言い放つの最高に革命野郎って感じ(?)
ダウンロード (1)
今作唯一の自動拳銃です。名前に冠された「ハイパワー」は銃弾や火力の力強さではなく、装弾数の多さを意味しています。装弾数13発。当時の量産された軍用拳銃においては比類のない弾数を再装填なしで撃てます。おかげで革命野郎の乱射でも弾が切れていません!(劇中では11発撃っていました)
2回にわたって登場してたのが意外ですね。星君よりも登場してることになります。ハイパワーダワー!
うろ覚えだったのでずっとM1911かなーとか思ってたんですが、改めて観るとスライドの独特な形状とかグリップの見た目とか しっかりハイパワーでしたね

4.MP40
第42話『空軍基地が狙われている!』←タイトルすき
写真 2020-12-18 22 33 14
松本さん(空軍所属)
31aorXd+7yL._AC_SS350_
100年後の日本の空軍(!?)基地の警備兵が装備しています。
写真 2020-12-18 22 33 05
写真 2020-12-18 22 33 35
固定ストックのライフルらしき別な銃も運用されてるっぽいです
000000010522
おそらくM1カービンあたりじゃないでしょうか

ここは、空軍キチ。君たちの中にも好きな人がいるだろう?いるーよ
空軍基地回、背景の雰囲気が全体的に好きなんですよね。いつもより光とか建物や機器の質感とか頑張ってる気がします。
写真 2020-12-18 22 33 20
この戦闘機すき
写真 2020-12-19 23 56 16
MP40は第二次世界大戦においてドイツが採用した短機関銃です。当時としては珍しい金属パーツを多用したデザインで、まるでSF映画にでも出てきそうな印象的なシルエットを持っています。
設計年が1938年なので、100年後の日本空軍は136年越しにこの銃を採用したことになります。発砲シーンがないのでもしかしたらビーム仕様とかなのかもしれないっす。スターウォーズみたいな。空軍の設計した人がWW2武器マニアだったとかならちょっと萌えますね
チャー研に限らず、70年代のアニメ作品はこの銃の出番がやたらと多いです。というのも、こうした銃の資料そのものが少なかったのと、でこぼこしたデザインが特徴づけやすく作画しやすかったから…などの理由が考えられます。
写真 2020-12-18 23 55 06
同じくナックの月光仮面。レイアウトがかっくいい。MP40大活躍。確かほぼ毎回出てきませんでしたっけ

それと空軍基地回、キャロバリの絵柄がまたかわいいんですよね…
写真 2020-12-19 23 55 38
写真 2020-12-19 23 55 32
バリカンすげえ顔してんな
やっぱ黒目キャロンはかわいいなあ~~~~~
基本青目のキャラが黒目になるの、ちょっとマリオ&ルイージRPG感ないすか
写真 2020-12-19 23 57 55
50年に1度収穫できるという貴重な研のやられシーン いたそう

5.上下二連式ショットガン(モデル不明)
第59話『恐怖の森』
プニキも終わっちゃいますね…https://kids.yahoo.co.jp/games/sports/013.html
ちなみに自分はPCが対応してなかったのでそもそもできませんでした つらい
写真 2020-12-19 0 01 59
写真 2020-12-19 0 01 48
マリオとルイージが狩猟に使っていた散弾銃。子供に銃向けてまであの鳥欲しいか…?写真 2020-12-19 0 01 05
これから毎日。
てか火薬も入ってるかもしれないのに燃やしちゃらめええぇぇ


形状を見る限り上下二連式のショットガン…なのですが、正確なモデルは分からないです…。ショットガンって見た目がどれも本当に似てて、しかもチャー研放映時の70年代にあったもの、狩猟用となるとさらに情報不足で調べにくくて…とりあえず上下二連で調べてみよ…

20150615164059d39
20190326131822-main1
images
browning_citori_g1_1
manga-kotikame-20170913
モデル特定は諦めました。


6.レミントンM700
第18話 みんな大好き『囚人島大脱走』
写真 2020-12-18 22 23 49
暴虐の限りを尽くすというシャレた言い回しはチャー研で学びました
写真 2020-12-19 1 00 40
手ぶらのヤツは何してたんだろう スターリングラード式かな?
写真 2020-12-20 1 19 33
下田地区とか伊豆とか現実の地名が出ると、チャー研世界が我々の住む世界の延長線上に現れてくるかのような 身近な気持ちがしますね
41IWzKf3PGL._AC_SS350_
M700はボルトアクション式狙撃ライフルの傑作。1962年の発売以来、数多くの改修やモデルチェンジが繰り返されながら現在に至るまで各国の軍隊で運用されている名銃。日本の自衛隊にも採用されてます。
日本国内でもライセンスを得れば狩猟・競技用として一般人が所持することが可能です。
僕この銃のシルエットむっちゃ好きなんですよ いかにも「銃」って感じ。てっぽうって言われて人が何を最初に想像するかの最適解というか。あと何十年も前のモデルが今なお近代改修を受けて使い続けられてるっていう事実もシコい。老舗の味ですよ
そういえばジュラルだけは光線銃でしたね やられた人々はみんな光線で倒されてたし、やっぱりほぼ素人の囚人に狙撃銃は難しかったのでしょうか
写真 2020-12-15 0 22 03
ああ!NIKEのヘリが!
SONYの車も実現しましたね…科学技術でタケコプターが実現できるようになった的な時代の流れを感じますネ

7.その他
写真 2020-12-18 22 34 07
写真 2020-12-18 22 34 01
オットセイ競走の号砲。
…実弾出てませんかこれ?
ハンマーの落ちる火花のエフェクトがしっかり入ってます。さすがだ
写真 2020-12-18 22 29 56
写真 2020-12-18 22 30 26
ジュラル・ガン。
見た目光線銃っぽいんですけど導火線に火つけたりヘルメット飛ばしたりしてるのでたぶん実弾使ってますね。持ち方がかわいい。でも触手ならそうなっちゃうよね
写真 2020-12-18 22 30 14
結局誰なんだあんたは

* * *

こんな感じでしょうか。思ったより少なかったな…(8挺)
チャー研。動きや特殊効果こそ少なかれど、一枚一枚の絵の描き込み、陰影のタッチ、キャロンのかわいさ、小道具へのこだわりを少なからず感じさせてくれる作品ではないでしょうか。
頭に爆弾を仕掛けられた西ドイツの科学の権威を空から落としたり、なんかアメフトめっちゃつよい少年とBLしたり、変なレコードでお詳しくなったりと面白系のポイントも多いですが、時にはこうした細部の描写からアプローチをしてみるのも楽しいかもしれません。

特に今回は銃でしたが、前述の通りチャー研制作時の70年代初頭はネットも無いため資料や情報も少なく正確に描けるモノ(銃に限らず)の種類にも限りがありました。
逆に言えば、そうした当時しか描けなかったような箇所、当時にしては著しく詳細に描かれている箇所、思い込みや普遍的な思想から構成されたような描写等からスタッフの趣向や作品のねらい、その時代の世間の風潮なんかの考察に繋げられるんじゃないかなと思います。
面白アニメとしてのチャー研から、時代の証言者としてのチャー研。どうでしょう。


今これ 夜中の三時くらいに書いてて、寝て起きて朝読み返したら多分めっちゃ恥ずかしい文章なんじゃねえかなとか思ってるのでとりあえず私的かわいいキャロンちゃん画像でも貼って締めようと思います
長々と書いてしまいましたがここまで読んでいただけた方、ありがとー!
写真 2020-10-29 21 27 28
安定の第1話。うん。かあいい。
写真 2020-09-29 23 07 37
後期キャロンの絵柄ほんとすきだ・・・・
写真 2020-08-10 0 08 24
これ これですよ 頑張ってママの真似してるの 善いなぁ~~・・・・・
写真 2020-08-09 23 50 55
おませさん少女キャラ好き部なのでほんともう ねぇ
写真 2020-10-01 22 58 10
黒目。こういう兄妹兄妹してる研キャロっていいよな 尊い
写真 2020-10-29 21 27 46
キャロン義妹説、私はあると思います








チャージマン    
    おわり    
PS.最後のキャロンまとめの方がふつうに恥ずかしかったです なんでこんなの入れたんだよ(午前8:47)